サプリメント専門店

サプリメントの情報とおすすめサプリメントを紹介するサイト
プラセンタの植物由来の原料について

プラセンタの植物由来の原料について

プラセンタは胎盤エキスが原料です。胎盤は哺乳類しか持たない部位ですので、原料の入手手段は本来であれば限られています。植物性プラセンタという言葉をしばしば目にしたり聞いたりする事があります。厳密に言えば、植物には胎盤がないため、植物が原料のプラセンタというのは存在しないと考えられます。
植物から抽出される成分にもプラセンタと似た作用が確認されており、それを植物性プラセンタといいます。具体的には、胚の若芽の中心部で作られる胎座が植物性プラセンタと呼ばれる部分のようです。


植物の成長には、胚座の栄養素が役に立っています。動物の胎盤と同様の働きをしている胚座を原料とすることでプラセンタに似た成分が手に入るわけです。哺乳類の胎盤エキスから作るプラセンタと同様、植物の胚座から作る植物性プラセンタも美白や美肌のために使うことができます。
アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれる点も同じでしょう。とはいえ本質的には違うものと思った方が良いようです。元々は違うものにもかかわらず植物性プラセンタへの需要が高い理由としては、プラセンタそのものの安全意識が関わっています。
牛の胎盤には狂牛病の原因とされる成分が含まれることから、牛由来のプラセンタは使用を禁止されています。だからといって豚が安全かというと、言い切れない面もあります。狂牛病自体が解明できない部分の多い病気であることも関係しており、豚の胎盤エキスによるプラセンタも同じようなイメージがあるのかも知れません。
人体への安全性という側面から見た場合、植物を原料とするプラセンタは安心できるといいます。植物性プラセンタを活用している人が多いのは、植物性プラセンタが動物性の胎盤を原料にしたプラセンタより信頼度が高いと判断していたからのようです。

Comments are closed.