サプリメント専門店

サプリメントの情報とおすすめサプリメントを紹介するサイト
Home > 栄養剤 >
栄養剤の栄養素

栄養剤の栄養素

栄養剤と言ってもいろいろな種類があります。栄養素の基本は様々なビタミン、ナイアシン、タウリンなどがベースになっています。栄養剤として利用されるビタミンには、よく知られているビタミンC以外にも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などがあります。
ビタミンB1は目や腰の疲れの回復効果が期待される水溶性のビタミンです。ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を維持する効果があるビタミンで、目や皮膚の状態を正常にいる働きがあります。免疫力をアップさせ、たんぱく質や脂質を効率的に分解しエネルギー生成を助けるビタミンB6も入っています。


ナイアシンやタウリンなど、疲れからの回復を助ける栄養素は、栄養剤のコマーシャルでよく聞く成分名です。飲酒の習慣が多い人や、肉体労働が多い人、暑さ負けで体力がない人には、タウリンやナイアシンの摂取は効果が期待できます。
栄養剤やサプリメントにこだわらずとも、ビタミンやナイアシン、タウリンを含む食材は色々あります。栄養剤なら、食事から必要な栄養成分が確保しきれない時や、夏バテなどで食事自体が辛いという時に、確実に栄養摂取をすることができます。栄養剤は携行に便利で出先でも使えますし、間違いなく栄養を確保できるでしょう。
疲労の度合いが激しい時ほどバランスの取れた食生活が重要ですが、疲労を押して料理を作った結果疲れ果ててしまっては意味がありません。多忙でスケジュールに追われる時ほど、手軽でも効率的に栄養が確保できる食事をして、足りない分は栄養剤で補うというスタイルも有効な方法です。

Comments are closed.