サプリメント専門店

サプリメントの情報とおすすめサプリメントを紹介するサイト
特定保健用食品の特徴

特定保健用食品の特徴

食事での栄養摂取を補うために用いられる保健機能食品のうち、特定保健用食品は安全面や健康への影響など、国の認可基準を守っているものにつく名称です。
店頭に並ぶ健康食品の種類も多く、健康食品を扱う会社も多くなりました。特定保健用食品の基準を満たしていることを、商品の質を把握する指針にすることができます。保健機能食品は、健康増進法と食品衛生法という2種類の法律に基づいて運用されています。
特定保健用食品と栄養機能食品の二つに分けられます。特定保健用食品は、ある目的に応じてその食品を取り入れた時に、一定の効果があると見込める時に限って表示できるものとなっています。いわば国のお墨付きをもらった健康食品です。


代表的なものには、おなかの調子を整えるものとして、オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維などが挙げられます。ラクトトリペプチドや杜仲葉を含有する血圧が気になる人用のものや、キトサンや大豆タンパクを含有するコレステロールが気になる人用があります。
これらは皆、特定保健用食品と認可されるための成分です。最近では大手食品メーカーもこぞって特定保健用食品を申請してブランドを増やしています。例えば、ヨーグルトを選ぶ時に、数あるヨーグルトの中から特定保健用食品を選択することで一定の効果が保証されるという便利さがあります。

Comments are closed.