サプリメント専門店

サプリメントの情報とおすすめサプリメントを紹介するサイト
特定保健用食品と医薬品

特定保健用食品と医薬品

特定保健用食品であることを表示するためには、商品ごとに厚生労働省による審査を受け認可を受ける必要があります。その食品が他の健康食品とは一線を画する存在であるとアピールできることが特定保健用食品の利点です。
ただし、特定保健用食品は食品の一種として販売しなければなりません。医薬品と特定保健用食品とは異なるものであり、同列に扱えるものでは決してありません。細かい位置付けとしては、はじめに医薬品は薬事法に基づいて決められていきます。国から許可を受け薬局などで販売されており、薬の効能を書くことが許可されています。


一方、特定保健用食品は健康増進法、食品衛生法に基づいて定められます。一般小売店でも販売でき、国の認可により効能の表示も可能です。特定保健用食品以外の栄養機能食品など、多くの健康食品は、効能を表示することはできません。
逆に特定保健用食品でもないのに、痩せるとか血圧が下がるなどと謳っている商品は、まず信用できないと思っていいでしょう。ただし、効果が明記されている特定保健用食品だとしても、個人の体質によって影響の度合いは異なります。医薬品を選ぶ時は慎重に行わなければならないように、特定保健用食品を購入する時も自分に合うものはどれかよく考える必要があります。

Comments are closed.